山口歯科ロゴマーク
| ホーム | 診療案内 | アクセス | スタッフ紹介 | 関連リンク | 予約受付 |

インプラント

■インプラント治療について

インプラント治療歯を失ってしまう原因として、歯周病によるもの、虫歯によるもの、外傷によるもの等が挙げられます。 通常、歯を失ってしまった場合は歯の欠損数や歯槽骨の喪失の程度により異なりますが、一般的な修復治療は残った歯を利用した固定性のブリッジや可撤性の義歯(部分入れ歯・総入れ歯)により修復を行います。

★固定性ブリッジによる修復
力学的に十分な状態の残存歯がある場合はブリッジによる修復を行います。
しかし、ブリッジによる修復は健康な歯を削らなくてはならない場合もあり、長期的に見ると虫歯や歯周病になりやすい場合もあります。また、第一大臼歯などを失った場合、噛みあわせの力=咬合力の極端な減少が認められます。
★可撤性の義歯による修復
良く合った可撤性の義歯では食事や会話に困難を認める事はほとんどありません。しかし、通常の義歯は歯ぐきにかぶせて吸着させているため、硬いものや粘着性の食物が制限されることも多く、また義歯の内面に食べ物のカスが溜まりやすく、ズレやスベリが起きやすくなります。また、可撤性の部分義歯の場合は支えとなっている歯の負担が大きくなり、歯肉や歯を痛めてしまう場合もあります。
歯が抜けてしまった後、その上、義歯が歯肉にぶつかる刺激により、ますます顎の骨が痩せ細ってしまいます。

インプラント治療インプラントは現在、各診療科で行われている治療法ですが、歯科の領域では一般的に人工歯根(dental implant)による歯の修復治療を示します。
 
現在用いられている骨結合型のインプラント材料は純チタン製で骨との親和性が極めて高く、骨の中に植立された一定の治癒期間後にはインプラント周囲を新たな骨の組織が取り囲み、インプラントと骨の直接結合が得られます。この状態をオッセオインテグレーションといいます。

チタンは軽量の金属で、通常は表面に酸化チタンの膜を伴っています。この膜が、内部のチタン本体の腐食を防止しています。

インプラント材料にチタンを用いる第一の理由として、口腔内は、種々の食べ物を摂取するたびに温度変化や科学的な変化にさらされています。その為、物理的に丈夫で、化学的変化を受けにくく、軽量な金属がインプラントには理想的となります。

第二の理由として、チタンは生体の排他作用・異物排除作用(生体に埋め込まれた金属などの物質を生体外のものとして認識し、排除しようとする作用)を発揮させない物質、すなわち生体に容認される物質であるということが挙げられます。

インプラント治療では失ってしまった歯の部位の顎骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を植立して、その上に人工の歯(上部構造)をセメントやスクリューによって固定します。また、インプラントは顎の骨に直接咬む刺激が伝わるため、骨の代謝を促して健康な顎の状態の維持につながります。

SimPlant(CT画像診断ツール)詳細ページ
 
当院ではSimPlant(シムプラント)を使用した安全で無理のない
治療計画を実施しています。