山口歯科ロゴマーク
| ホーム | 診療案内 | アクセス | スタッフ紹介 | 関連リンク | 予約受付 |

インプラント

■インプラント症例


※当院専門医による提携病院でのインプラント手術風景
☆ 症例1

上顎右側犬歯のみの残存症例です。

<50代男性>

数年前より、上下顎の総入れ歯を使用されていましたが、発音や食事に苦労されインプラントによる治療を希望されました。 この症例では、上顎に1本犬歯が残っていた為、この犬歯を使用した磁石を用いた総入れ歯を製作し、下顎のみインプラント手術を行ないました。

インプラント手術前のレントゲン(歯を失ってしまうと、顎の骨に噛む刺激が加わらなくなり、顎の骨が痩せ細ってしまいます。)
↓  
インプラント術後のレントゲン(このように6本のインプラント埋入により、取り外しではなく固定式のインプラントブリッジによる治療が可能となります。)
↓  
金属にて製作したフレームに歯の部分は歯の色のセラミック、歯肉の部分は歯肉色のセラミックを使用することにより、審美的に非常に優れた治療が可能となります。

現在は、総義歯を使用されていた際、食べることを避けていた食事も楽しんでいただき、大変ご満足していただいております。
☆ 症例2

右下第一大臼歯、第二大臼歯の欠損症例です。

<60代男性>

 


通常、部分義歯(取り外しの義歯)にて治療を行う症例ですが、部分義歯では噛めない食事もインプラントならばご自身の歯と同じ感覚で楽しんで頂いております。
☆ 症例3

左下第一大臼歯の欠損症例です。

<20代女性>

通常、ブリッジまたは部分義歯にて治療を行う症例ですが、年齢的にも部分義歯を使用することに抵抗があり、ブリッジにて治療を行う事になると、両隣の歯を削る治療が必要となります。


インプラントの上部構造(歯の部分)にセラミックの歯を使用することにより、審美的な治療も可能となるためインプラントにて治療を行いました。
☆ 症例4

上顎:右上第一大臼歯の破折による欠損。(3本分)
下顎:左下第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯の欠損。

<60代男性>

長年にわたり、失われた数本の歯の治療をブリッジ等にて治療が行われていましたが、噛みあわせに無理が加わり右上の第一大臼歯が破折してしまった症例です。


通常は部分義歯にて治療を行いますが、インプラント治療により噛み合わせも安定し、ご趣味や毎日のお食事を大変楽しんで頂いております。
また、この症例では右上のインプラント手術(非常に骨の薄い部位です)時に腸骨を移植した骨移植手術を行い、手術後の経年的変化にも十分安定した治療結果を得ています。
☆ 症例5

上顎前歯3本を交通事故にて失ってしまった症例です。

<10代女性>

受傷後数年は部分義歯を使用していましたので、骨の吸収量が大きくなってしまい、ブリッジでの治療が困難となりインプラント治療を行いました。
この症例では、手術を2回に分けて行いました。

1回目の手術は、腸骨を移植した骨移植手術にてインプラント治療部に十分な骨の量を補い、2回目の手術でインプラント埋入手術を行ないました。

義歯やブリッジでは難しい審美的な治療もインプラント治療により回復し、素晴らしい笑顔と共に定期健診を受けて頂いております。
☆ 症例6

上顎:左側第二小臼歯、第一大臼歯、第二大臼歯の欠損症例。
下顎:左側第一大臼歯の欠損症例。

<60代男性>

この症例では、失われた歯の本数と残存している歯の本数を揃えて噛みあわせを確立する治療を行いました。


通常では、部分義歯やブリッジを組み合わせて治療を行いますが、強い噛みあわせにも対応した強固なインプラント治療を選択されました。
上顎左側のインプラント手術時に腸骨を移植した骨移植手術を同時に行い、インプラントによる手術が困難な部位へも対応しています。
SimPlant(CT画像診断ツール)詳細ページ
 
当院ではSimPlant(シムプラント)を使用した安全で無理のない
治療計画を実施しています。