山口歯科ロゴマーク
| ホーム | 診療案内 | アクセス | スタッフ紹介 | 関連リンク | 予約受付 |

矯正歯科・小児矯正

■矯正歯科治療について

矯正歯科治療顎および咬合の発育の早い段階において不正咬合の発現を予防・抑制し、さらにすでに形成されてしまった不正咬合に対して、限局的あるいは広範囲にわたり改善することにより、形態的な不正咬合ばかりでなく機能的・心理的な障害を取り除く事が目的です。
最近の学校歯科検診では、歯周疾患・虫歯のチェック・歯ならびについても詳しく検診を実施しています。

矯正装置の説明

矯正装置には様々なタイプのものがあり、口の中に入れるものとしては、取り外し可能な装置と固定式の装置があります。  
 
矯正装置というと、"目立つ・かっこ悪い"などのイメージがありますが、それは昔の話です。 最近では、他人には矯正していることがほとんど気づかれない舌側矯正装置というものがあります。
歯の裏側に矯正装置をつけ、治療期間を通じて操作も舌側から行うので、全く他人には見えることがありません。 審美性を求める患者様におすすめの治療法です。

ただ、歯の内側の舌を動かせるスペースが狭い人や、症状によってはこの方法で治療ができない場合もあります。

取外し可能な装置 固定装置
取外し可能な装置 金属の装置
金属の装置
セラミックの装置
セラミックの装置
舌側矯正装置
舌側矯正装置

装置については、それぞれの症状によりますので、医師に相談してください。