山口歯科ロゴマーク
| ホーム | 診療案内 | アクセス | スタッフ紹介 | 関連リンク | 予約受付 |

矯正歯科・小児矯正

■不正咬合

不正咬合とは

歯ならびに問題がある噛みあわせを不正咬合といいます。 不正咬合は心身へも大きな影響を与えることが考えられます。

  • 食べ物が歯の間にはさまってしまうため、ブラッシングが困難がなり虫歯や歯周病になりやすい。
  • 上下の顎の発育や、顔の成長に影響を与えやすく、不調和をもたらす可能性がある。
  • 食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担を掛けてしまいます。
  • 顎関節に負担が増えるため、顎関節症になりやすい。
  • 構音機構に影響を及ぼし、正しい発音がしにくくなる。
  • 咀嚼筋の発育に影響を与え、筋力のバランスが崩れるため、姿勢が悪くなる。
  • 視力低下の原因ともいわれ、学力や運動能力の低下を招きやすい。

不正咬合の種類

○叢生(乱ぐい歯・八重歯)

顎が小さい場合や、顎に対して歯の幅が大きい場合に起こります。歯の生えるスペースが足りない為、凹凸に生えてしまう場合や、重なり合って生えてしまいます。

○空隙歯列弓(すき歯)

顎が大きい場合や歯の幅が小さい場合に起こります。歯と歯の間が開いてしまい、歯列にすきまができてしまいます。

○過蓋咬合

噛みあわせが深く、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなってしまいます。

○切端咬合

上下の前歯が先端で噛み合う状態になってしまいます。

○開咬

顎を閉じた状態で咬み合わせても上下の歯にすきまができてしまいます。

○上顎前突(出っ歯)

上顎の前歯や全体的な歯列が前に突き出ている状態になってしまいます。

○下顎前突(受け口・反対咬合)

下の前歯が上の前歯よりも前に出てしまいます。 また、上顎前突、下顎前突には骨格的な異常が不正咬合の原因となる場合もあり、骨格的な問題がある場合は顎の骨を移動させる外科的矯正手術が必要になる場合があります。