山口歯科ロゴマーク
| ホーム | 診療案内 | アクセス | スタッフ紹介 | 関連リンク | 予約受付 |

矯正歯科・小児矯正

■矯正治療の流れ

1.初診相談
問診や視診にて診察をします。
また、矯正治療を始めさせていただく場合には精密検査を行います。
↓
2.精密検査
治療計画に必要となる検査を行います。
歯の写真・顔の写真・歯のレントゲン撮影・頭部のレントゲン撮影・歯列の模型製作など
また、症状により顎関節部のレントゲン写真や顎運動の検査も行います。
↓
3.矯正診断
精密検査の結果をもとに、不正咬合の診断と治療計画・治療方法・治療期間・矯正治療の料金についてのご説明を致します。
↓
4.矯正治療開始
矯正治療には、動的治療(歯を動かす治療)と静的治療(動かした歯を保定する治療)の二段階に分かれています。
↓
治療計画に基づいて矯正装置を使い、歯を動かす治療を段階的に進めます。(動的治療)
↓
上下の歯が治療計画通りに動き、正常な咬合状態になると、最終段階で仕上げの治療を行います。
↓
動的治療完了時には矯正装置を外し、静的治療に入ります。
↓
動的治療にて移動した歯を支えて逆戻りを防止する為に保定装置を使用します。
保定期間は通常2~3年ですが、場合によっては成長が終了するまで必要になる場合があります。
↓
保定治療が終了した後は、定期健診として1年に1~2回の通院が必要となります。