山口歯科ロゴマーク
| ホーム | 診療案内 | アクセス | スタッフ紹介 | 関連リンク | 予約受付 |

ドライマウス

■ドライマウスとは?
ドライマウス
 
ドライマウス(口腔乾燥症)は様々な病気の一症状としてもあらわれ、虫歯、歯周病、口臭、摂食嚥下障害の原因となります。

日本では約800万人のドライアイ(乾燥性角結膜炎)患者さんの多くがドライマウス(口腔乾燥性)の症状を持つと言われており、更に欧米の疫学調査では人口の約25%が本症に罹患しているとの報告もあり、これを我が国に換算すると約3000万人の患者さんが存在すると思われます。 

唾液の役割とドライマウス

唾液の役割には以下のような作用があります。
  • 抗菌作用
  • 洗浄作用
  • 歯の保護作用
  • 歯の再石灰化作用
  • 消化作用
  • 免疫作用
  • 粘膜保護作用
  • 粘膜修復作用
唾液の分泌量は、正常な成人で1日あたり1.5~2.0リットルとされています。
ドライマウスの方は唾液の分泌量が著しく減少し、さまざまな症状を発症してしまいます。

ドライマウスの原因

糖尿病・腎不全・シェーグレン症候群・放射線障害・脳血管障害・ストレス・筋力の低下・薬の副作用・老化など
 
  ドライマウスの原因

ドライマウスの症状

  • 口の乾きが3ヶ月以上毎日続いている。
  • 口の中がいつもネバネバしている。
  • クッキーなどパサパサした物が食べにくい。乾いた食品が飲み込みにくい。
  • 一日中、口や喉が乾いている。その為に水をよく飲む。
  • 口の中が乾いてしまい、会話がしにくい。話し声がかすれてしまう。
  • 口臭がきついと言われる。
  • 顎の下が繰り返し、あるいはいつも腫れている。
  • 義歯を使用していると、すぐに落ちてしまう。歯ぐきに傷がつきやすい。

ドライマウスの検査項目

 口腔内診査
 唾液量検査
 涙液量検査

【シェーグレン症候群の疑いが認められた場合の追加検査】
 血液検査・病理組織検査

【多発性の虫歯が出来てしまっている場合の追加検査】
 カリエスリスクテスト

日常生活での注意点

  • 口腔内の湿潤を心がけましょう。
    (お茶や水などの水分を十分に補給してください)
  • 部屋の湿度にも気をつけましょう。
    (乾燥する時期には加湿器が効果的です)
  • 口腔内を清潔に保ちましょう。
    (食後のブラッシングを忘れずに行ってください)
  • よく噛んで食事をしましょう。
    (唾液の分泌促進、消化を助けます。)
  • あめやガムを食べましょう。
    (キシリトール入りがおすすめです)
  • 軽い運動を心がけましょう。
    (ストレスの発散にも効果的です)
  • 酸味のある食品を摂りましょう。
    (唾液の分泌が促進されます)
  • 唾液腺のマッサージをしましょう。
    (唾液の分泌が促進されます)
  • 禁煙しましょう。
     
  • 酒はほどほどに。
ドライマウス認定医認定証書◎ドライマウスでお困りの方は、当院にてご相談下さい。
 当院では、検査結果を診断し、患者様の症状に合った
 治療計画を立案し、適切な治療を心がけております。
 

 ドライマウス認定医 山口 由記朗
 

 ドライマウス研究会
 抗加齢(アンチエイジング)歯科医学研究会